親も子も学ぼう!世界を舞台に働くということ~1日で分かる、国際機関のお仕事

親も子も学ぼう!世界を舞台に働くということ~1日で分かる、国際機関のお仕事

海外で活躍できる仕事として根強い人気がある国際機関。 本セミナーでは、中高生(小学校高学年も可)と保護者のかたを対象に、代表的な国際機関の一つ、世界銀行の職員が仕事内容や必要なスキルなどについてわかりやすく解説します。交流会では、留学に伴う経済的負担や日本に戻っても通用するキャリアなのかといった疑問など、本音で知りたいことを個別に質問して頂けます。

世界に向かって羽ばたこうとしている学生さんと保護者のかたのご参加を お待ちしています。

Photo:World Bank

セミナー「世界を舞台に働くということ」
14:00~15:30(休憩含む)
・国際機関の役割、仕事内容
・中高生のうちから準備しておくべきこと
・大学進学にあたって重要なこと
・特に必要なスキル、経歴、考えかた
などについて、現役の世界銀行職員が分かりやすくご紹介します。
交流会・個別のQ&A
15:30~16:30(軽食付き)
カフェ(タリーズコーヒー)のカジュアルな雰囲気のなか、自由にご質問して頂けます。 普段はなかなか入手できない情報を得るチャンスです。

開催概要
日 時 2015年8月1日(土) 
セミナー:14:00~15:30/交流会:15:30~16:30
会 場 「スペース ニオ」日本経済新聞社 東京本社2階(東京・大手町)
定 員 80人(応募多数の場合は抽選)
※保護者とお子様ペアで参加をご希望の場合も、おひとりずつお申し込み下さい。
応募締切日 2015年7月20日(月・祝)
主 催 日本経済新聞社人材教育事業局
協 賛 世界銀行
協 力 日経ウーマノミクス・プロジェクト
講師紹介
平井 智子さん 世界銀行東京事務所 上席広報担当官
国連機関やNGOでの広報活動などを経て、1996年世界銀行入行。東京事務所では、主にメディア対応、信託基金管理、リクルート等を担当。2002年~2003年、ワシントン本部の東アジア大洋州地域総局勤務。上智大学卒、トロント大学大学院にて修士課程修了(東アジア研究)。
大森 功一さん 世界銀行東京事務所 広報担当官
大学での東アジアの歴史的都市保存・開発分野の研究プロジェクトの研究員、キャリアセンターのアドバイザーなどを経て、2000年世界銀行入行。東京事務所でNGOシビルソサエティ、大学、企業との連携構築などに従事した後、2010年1月から2014年4月まで、ワシントンの 本部で南アジア地域担当副総裁特別補佐官。2014年5月から現職。立命館大学大学院国際関係研究科修士課程、アメリカン大学国際関係大学院修士課程修了。
開 裕香子さん 世界銀行東京事務所 広報担当官
民間企業、財団法人を経て2010年世界銀行入行。東京事務所でNGOシビルソサエティとの連携を担当。サセックス大学開発学研究機関(IDS)修士課程、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。
お申し込み
お問い合わせ
「世界を舞台に働くということ」事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8693 FAX : 03-6812-8649(9:30~17:30、土・日・祝日は除く)
Eメール: kokusai-kikan@nikkeipr.co.jp