折込広告

折込広告配布
計画支援
日経エリアバンク折込広告配布計画

地域の広告展開を強力に支援します

日経ピーアールは、暮らしのメディアとしての折込広告を効果的に実施することを狙い、地図情報システム「日経エリアバンク」を構築しています。エリアバンクは狙った消費者に的確にメッセージが届くよう作り上げたシステムです。
その特長は、4種類の当社独自調査データなどを使って、パソコン画面上に、今まで見えなかった地域の購買者の実体を浮かび上がらせ、市場を把握できるというクライアント支援の仕組みにあります。
折込広告の綿密な配布計画と効率的な配布エリア・折込枚数の設定を可能にします。

新聞販売店境界線収録エリア

地図情報は全国を網羅。新聞販売店境界線データは中央紙をはじめ、地方の有力紙をカバーしています。

配布エリア抽出例

約7000種類の地域情報をデータベース化。各種の統計データを市町村・町丁字、新聞販売店エリア単位で収録。ターゲットに合わせて指標を組み合わせ・選択し、ブロックごとに密着した分析からエリアを選定していきます。

1.ターゲットの設定

広告メッセージを届けたいエリア、対象の属性を設定します。
ここでは、『ある地点から自動車で20分圏内に居住する40~50歳代』をターゲットとします。

2.新聞販売店エリアの地域特性

設定商圏内をターゲットの指標別に販売店エリアを表します。

3.配布エリアの絞込み

ターゲット、予算・部数を考慮して配布エリアを決定します。
ここでは、ターゲットである『40~50歳代が多く居住するエリア』を上位30%分を選定しています。

4.配布エリアの抽出

設定商圏内全てに配布する方法のほかに設定商圏内の中で、さらに属性で絞り込むことによってよりターゲットに出会うチャンスの高いエリアを抽出します。
ターゲット属性は、1指標だけでなく複数組み合わせもので絞り込んでいくことが可能です。

 

折込広告については、下記方法にてお問い合わせください。

お問い合わせ

03-6812-8671