折込広告

配布エリアのプランニング

エリア特性を加味し、情報を届けたい人へ

ただ折込広告を配布するのではなく、エリア特性を考慮し、必要なエリアに配布します。
日経ピーアールではエリア情報を的確に把握するために地図情報システム「日経エリアバンク」を構築しています。

ターゲット、売り出し商品に見合った新聞販売店を抽出。
例えば、「女性人口」比率の高い地区や「単身世帯」比率の高い地区への配布など、ターゲットや地域特性を加味した配布プランを作成します。また、部数に合わせての販売店の抽出やエリア特性を考慮した部数調整も可能となります。

御社保有の顧客情報を取り込むことによって、地区別・販売店エリア別のレスポンスをマップと数表で表現。
レスポンス率の高い町丁目エリアや新聞販売店エリアが一目で把握できます。その結果は、配布地区の選択及び販売店の選択等、配布プラン立案の基礎情報となります。

PDCAサイクル

《エリア選定》→《折込実施》→《検証》→《改善》→《次回配布エリア選定》と、折込広告実施後にも検証・改善し、次回の折込広告実施へ反映します。

折込広告については、下記方法にてお問い合わせください。

お問い合わせ

03-6812-8656